コイデスベッテハタライテ

 
 

最近の届き物

  1. 19:04:08
来たぜ!

つい先程、東京練馬の底商店からDVDが、
数日前には名古屋のオカキンちゃんからクリッカーのBINと、
「底ら辺」のステッカーが届いた。

アリガトねー!、さーて、見るぞぅ!

トラックバック (-)     コメント 3
 
 
 
 

ここ数日、

  1. 20:46:02
前回のUPからは、
ソコソコ漕いで、ちゃんと(?)働いて、
下のムスメの相手を楽しんで(捕まえたトノサマバッタが死んだ時は大泣きされましたが)、
まあ、平々凡々と日々は流れ、、。

3日前の深夜3時半、寝ていたらカミサンが、
「起きて、、ミイ、熱がある。40度近い」
ブンブン唸る頭で病院へ行った。

A型インフルエンザだった。

その朝、学校に電話したらクラスの半数以上の子が同じ症状との事。
その日に学級閉鎖、翌日は学校閉鎖となった。

自分は、
会社から、<家族がA型インフルエンザに感染したら出社はしないように>とのお達しで、家で悶々とする日が4日目となった。
外に出るのはやはりタメライますからねえ、、。

カミサンは寝ずの看病で辛そうだ。
自分は洗濯したり、メシを作ったり、買い物に行ったり、掃除をしたり、
長かった独身時代に戻ったようなここ数日。

ずっと天気が良かった。
晴れ間の間ににわか雨も降りはしたが、ほぼ晴天。
遊びに行きたい気持ちを紛らわせる為、買い物のついでに本屋に寄った。

買った本は<powder ski>なる雑誌と、
たまたま積んであった文庫本、何も知らずに買った、
東野圭吾の<さまよう刃>。

この文庫本は久々に引き込まれたなあ。
読むほどに気分が重くなるんだけれども、
本を置いて他の事をし始めると、続きが気になってしょうがない。
<powder ski>はまだ表紙から数ページしか見てない。

休み休み、2日かけて(続けて読むにはツラカッタ)読んだけど、
最後の部分、長峰の無念さを思うと、、、泣けた。
可哀想で、可哀想で、ムスメを持つ父親として、彼の気持ちが痛いほど伝わった。

少年法、他人事だったね、考える良い機会を貰った気がする。
こんな目に遭ってる人が実際に居るのである。
netで検索したら凄いのが出てくる、、たまらんね。
この法律は改正されるべきだとつくづく思う。

涙してたらミイが寄ってきて、
「オトウサン、ダイジョブ?」って、心配されてどうすんだ!?笑。

インフルエンザ、他の家族には移ることも無く、明日辺りからは外にも出れそうです。


トラックバック (-)     コメント 4
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved